日記に息吹を与えるブログ

育毛剤で頭皮に与える副作用は?

育毛剤で頭皮に与える副作用

育毛剤には、育毛に効果のある成分が配合されていますが、これらは薬効成分となるため、副作用が起こることもあります。

 

特に育毛効果が高いとされているミノキシジルやプロペシアは、もともとは病気の治療に使用されていたので、副作用が起こる確率も高いと言われています。

 

まずミノキシジルですが、この成分は血管拡張作用を持っています。

 

頭皮の血管はとても細いので停滞しやすく、そのため頭皮環境の悪化や生活習慣などで、頭皮の血行不良が引き起こされてしまいます。

 

すると、毛根組織への栄養が不足してしまい、抜け毛や細毛になってしまうのですが、ミノキシジルで血管を拡張することでこういった症状を改善することができます。

 

ただし血管拡張作用はかなり強力なので、頭の血流が良くなりすぎて、頭痛や吐き気、めまいなどの副作用が起きることがあります。

 

またミノキシジルはもともとは高血圧の治療に使われていたぐらい、血圧を下げる作用に優れています。

 

そのため低血圧の人が使用すると、血圧がさらに低下してしまうので注意が必要です。

種類によっても頭皮に与える影響は異なる

種類によっても頭皮に与える影響

プロペシアは5αリダクターゼという酵素の働きを抑える効果を持っています。

 

これは特に副作用が起きることはないのですが、男性ホルモンの抑制によって性欲減退や胃の不快感が引き起こされることもあります。

 

ですが、基本的に育毛剤は天然由来の成分を使っているので、深刻な副作用が起きることはほとんどありません。

 

もちろんすべての人にアレルギー反応が起きないということは言い切れないので、肌に合わない場合は炎症やかぶれが起こったりします。

 

また、中には決められた用法用量を守らない人もいるので、規定以上の使用量を使った場合、何らかの異常な症状が起こる可能性があります。

 

ただし育毛剤は特に危険なものではありませんから、使用上の注意をしっかりチェックして、正しく使えば副作用を心配する必要はありません。

 

大事なのは、自己判断で量を増減させたりせずに、用法用量を守って、毎日きちんと育毛ケアしていくことですし、そうすることで副作用のリスクを現象させることができます。

日記に息吹を与えるブログ 記事一覧

日記に息吹を与えるブログ 先頭へ戻る