レッグカールはどこを使用するマシン?

レッグカール

レッグカールは足を鍛えるマシンです。

 

腿の裏側のハムストリングスなど大腿二頭筋を鍛えるマシンになります。

 

足を延ばした状態から曲げる際に負荷が発生するマシンです。あまり重い重量を扱えないマシンにもなりますが、寝た状態や座った状態を行うマシンです。

 

寝た状態はうつぶせの状態で膝を曲げます。座った状態でも手すりに力が入りやすいのと特に足の運動などで起こりやすい腰が反ることが起きやすいです。

 

 

レッグ

ハムストリングスというとサッカー選手など怪我をしやすい部分ですが、膝や股関節などの怪我などに関わっている事が多い筋肉です。

 

また膝を曲げれば曲げるほど使用していきますが、座っている状態が多いと筋肉が緊張していることも多いです。

 

また股関節にも関与している筋肉で股関節を伸ばすような足を後ろに投げ出すような動きの際に使われます。

 

この辺りは筋力の低下というのが起きやすいので腰が反ってしまうという代償動作が起きやすいです。

 

ですのでレッグカールを行う際は膝を一番曲げるようなポイントでは特に背中が反らないようにお腹に力を入れておくと良いでしょう。

 

必要以上に重さを扱おうとすると腰が反り過ぎてしまい腰の力で扱う種目になってしまうので、特に丁寧さが必要なマシンかもしれません。

▲レッグカールはどこを使用するマシン? 上へ戻る
レッグカールはどこを使用するマシン? 先頭へ戻る