レッグプレスはどこを鍛えるマシン

レッグプレス

レッグプレスは主に太ももを鍛える際に使用するマシンです。

 

チェストプレス、ラットプルダウン、レッグプレスはジムの3大マシンと呼べるかもしれません。

 

ジムによってはこれらは数台置いてあるところも多いでしょう。

 

使用する筋肉も主に代表的な部分ですし、ダイエットでも筋肉量を増やす筋トレでも大事な部位です。

 

レッグプレスは座った状態で足で重いものを押します。

 

 

マシン

レッグプレスはフリーウエイトでのスクワットになります。ベンチプレスとチェストプレスとの関係にしていますが、レッグプレスの場合には足を押すという事だけになります。

 

スクワットの場合には、体のバランスを考えないと転倒してしまうなどのリスクがあるために体幹など体の色々な筋肉に刺激となります。

 

レッグプレスにも色々使い方があります。膝を大きく曲げたりした深く座り込むスタイルやあまり膝を曲げない浅く行う方法です。

 

レッグプレスでの注意点は腰がそりやすい面もあるので、膝を曲げた状態から膝を伸ばすところはお腹にしっかり力を入れて行う事が大事です。

 

また膝を曲げていくときもゆっくり曲げていきながらお腹に常に力を入れていく事が大事です。

 

スクワットの場合には、常にお腹に力を入れている状態が好ましく扱う重量も重いため、息を止めて行うスタイルは推奨されていませんが、行うほうがお腹に力を維持しやすいというのがあります。